シアターアイスショー眠れる森の美女
写真:薈田純一
2008.11/15(sat)~11/23(sun)
東京厚生年金会館

ご予約・お問合せ:チケットスペース
03-3234-9999
オンラインチケット
http://www.e-tix.jp/onice/

プロデューサー: James Cundall ジェームス・カンデル

「レ・ミゼラブル」「シカゴ」「ミス・サイゴン」「キャッツ」「サタデー・ナイト・フィーバー」等のミュージカルを始め、アンドレア・ボチェッリ、ホセ・カレーラス、リッキー・ マーティン、ザ・ビーチ・ボーイズ、等の様々なジャンルの国際的なアーティストの公演や「アレグリア(シルク・ド・ソレイユ)」や「リバー・ダンス」、氷の上の『くる み割り人形』、『スワン・レイク』等を手掛けた。2008/2009年のシーズンは氷の上の『眠れる森の美女』のイギリス及びワールドツアー、インペリアル・アイス・ スターズの新作、氷の上の『シンデレラ』のニュージーランド、オーストラリアでのオープニングとワールドツアー、その他「ウィ・ウィル・ロック・ユー」のシンガ ポール、香港公演、「キャッツ」の香港公演などを手掛ける。

プロデューサー: Vladislav Olenin ウラディスラフ・オレニン

モスクワ体育文化大学でスポーツマネージメントを学んだ。元スピードスケート選手。氷の世界を離れ、現在はトランス・シベリア・トランスポート・レイルロード 社のオーナー兼CEO、さらに不動産会社の役員でもある。2000年よりトニー・マーサーと共に、氷の上の『オペラ座の怪人』『バーナム』『くるみ割り人形』のイ ギリス及びヨーロッパツアーをプロデュース。2004年にトニー・マーサーとジェームス・カンデルと共にインペリアル・アイス・スターズを立ち上げ、氷の上の『眠 れる森の美女』『スワン・レイク』『シンデレラ』の製作にプロデューサーとして参加している。

プロデューサー/舞台演出/振付: Tony Mercer トニー・マーサー

舞台版アイスショーではトップの演出家。1983年ごろから照明やツアーマネージャーとしてスリー・ディグリーズ、ディオンヌ・ワーウィック、ザ・スプリームス等 のワールドツアーに参加。1980年代後半には劇場の照明や音響デザインも手掛けるようになり、1993年には氷の上の『眠れる森の美女』の初ツアーにプロ ダクション幹部として参加。後に芸術監督となる。2004年、ウラディスラフ・オレニンとジェームス・カンデルと共にインペリアル・アイス・スターズを創立し、氷 の上の『眠れる森の美女』でオーストラリア、ニュージーランド、香港、シンガポール、イギリス、ドイツ、オランダ、そして南アフリカをツアー。その後、氷の上の 『スワン・レイク』で世界を回り、現在は新作、氷の上の『シンデレラ』の制作を手掛けている。

振付/プロデューサー: Ilia Averbukh イリア・アベルブフ

ジュニア選手権のチャンピオンに2度輝き、イリーナ・ロバチェワとパートナーを組んでからはロシア選手権に4度優勝、2003年にはヨーロッパ選手権、2002年 には世界選手権で優勝。ソルトレイクシティオリンピックでは銀メダルを獲得。 2003年に競技から引退し、自身のカンパニーである「アイス・シンフォニー」を結成。ロシアを中心にツアーを行う他、ロシアの人気番組「スターズ・オン・アイ ス」や「アイス・エイジ」のプロデューサーを務める。2007年にはロシアのGQ誌に「今年の人」にも選ばれた。

振付: Maria Orlova マリア・オルロヴァ

ロシアの元ナショナルチームのメンバーで、世界ジュニアフィギュアスケート選手権で銅メダルを獲得。ロシアカップでは金メダルを獲得した経歴を持つ。プロ 転向後は、氷の上の『カルメン』『オペラ座の怪人』『シンデレラ』などで主役を務め、『眠れる森の美女』ではリラの精役を務めた。インペリアル・アイス・スターズ の氷の上の『眠りの森の美女』や『スワン・レイク』の振付けに参加。2007年にはロシアのチャンネル1の人気番組「アイス・エイジ」のためのアイスダンスの振 付けとコーチを担当した他、プーチン元大統領のサンクトペテルブルクで行われた誕生日会や大統領の赤の広場でのクリスマスショーの振付けも手掛けた。

リハーサル・ディレクター: Vasily Blagov ヴァシーリー・ブラコフ

1972年の札幌オリンピックでは6位に入賞。ロシア選手権の優勝やロシアカップの2度の優勝の他、世界選手権やヨーロッパ選手権でも好成績を収めた。 競技引退後は、タチアナ・タラソワのロシアン・オールスター・カンパニーで主役を務めるなど、数々のアイスショーで活躍。トニー・マーサーともロシアン・アイス・ スターズの氷の上の『オペラ座の怪人』や『カルメン』で一緒に仕事をしている。

衣裳デザイン: Natella Abdulaeva ナテラ・アブドゥラエヴァ

10歳でクリエイティブな芸術的才能を見いだされ、イオハンソン芸術学校に進み、劇場美術と衣裳を学ぶ。その後オペラ、バレエ、演劇や映画界で活躍し、 フィギュアスケートの世界にも活動の場を広げる。最近ではロンドンのロイヤル・アルバートホールで上演された「美女と野獣」の衣裳を担当した他、世界選手 権やオリンピックに出場するフィギュアスケート選手の衣裳も手掛けている。

セットデザイン: Eamon D'Arcy イーモン・ダーシー

オーストラリアで演劇、ダンス、ミュージカル作品のセットデザイナーとして25年以上に渡り活躍。2000年のシドニーオリンピックでは開会式、パラリンピックの 開会式と閉会式のプロダクション・デザイナーを務めた経験を持つ。2003年からシアターアイスショーのセットデザインに関わるようになり、インペリアル・アイ ス・スターズの氷の上の『眠りの森の美女』『スワン・レイク』『シンデレラ』のセットデザインを手掛けている。

照明デザイン: Gavan Swift ガヴァン・スウィフト

演劇やミュージカルを含む様々なイベントで照明デザイナーとして活躍。これまでに携わったミュージカル作品は「ホット・シュー・シャッフル」「リトル・ショッ プ・オブ・ホラーズ」「屋根の上のバイオリン弾き」、そして「サタデー・ナイト・フィーバー」のオーストラリアとロンドンのウエスト・エンド公演など多数。最近で はオズ・オペラの「ラ・ボエーム」、シドニー・シアター・カンパニーの「ストーン・イン・ヒズ・ポケット」などを手掛けた。またインペリアル・アイス・スターズの氷 の上の『眠りの森の美女』『スワン・レイク』『シンデレラ』の照明デザインも担当している。